最終更新時刻:2018年3月30日(金) 13時48分

クレジットカード & 電子マネー NEWSからのお知らせ

クレジットカード被害が14年ぶりの高水準–フィッシングが影響か – ZDNet Japan

クレジットカード被害が14年ぶりの高水準–フィッシングが影響か – ZDNet Japan


ZDNet Japan

クレジットカード被害が14年ぶりの高水準--フィッシングが影響か
ZDNet Japan
日本クレジット協会は3月30日、クレジットカードの不正使用による被害の集計結果を発表した。被害総額は前年比約1.6倍となる236億4000万円に上り、2003年以来14年ぶりに200億円超える規模となった。 2017年の被害額の内訳(カッコ内は構成比)は、偽装カードによる被害が31億7000万円(13.4%)、番号盗用による被 ...

関連記事

フィリピンのクレジットカードの動向は? – ペイメントナビ(payment navi)フィリピンのクレジットカードの動向は? – ペイメントナビ(payment navi)

ペイメントナビ(payment navi)フィリピンのクレジットカードの動向は?ペイメントナビ(payment navi)2018年4月23日8:00. 「クレジットカードビジネス市場要覧」では、フィリピンのクレジットカードビジネスについて紹介している。フィリピン(PH)の概要は(図表)の通...

カード情報非保持化サービス「Pay TG」を提供(ゼウス) – ペイメントナビ(payment navi)カード情報非保持化サービス「Pay TG」を提供(ゼウス) – ペイメントナビ(payment navi)

ECのミカタカード情報非保持化サービス「Pay TG」を提供(ゼウス)ペイメントナビ(payment navi)2018年3月1日に改訂された「実行計画2018」では、電話・はがき・FAX等で注文を受け付けるEC・通販事業者様におけるクレジットカード情報の非保持化または非保持と同等・相当...

クレカで現金入手、新社会人は便利に潜むワナに注意 – 日本経済新聞クレカで現金入手、新社会人は便利に潜むワナに注意 – 日本経済新聞

日本経済新聞クレカで現金入手、新社会人は便利に潜むワナに注意日本経済新聞今月のマネーハックのテーマは「クレジットカード」です。4月から新しい生活をスタートさせた新社会人のため、その賢い使い方と注意点を解説してきました。前回の「クレカのリボ払いに落とし穴 ...

三井住友カード、東南ア決済ベンチャーに出資 – 日本経済新聞三井住友カード、東南ア決済ベンチャーに出資 – 日本経済新聞

三井住友カード、東南ア決済ベンチャーに出資日本経済新聞クレジットカード大手の三井住友カードは、マレーシアで決済サービスを展開するソフトスペースに出資する。2017年1月に業務提携しており、関係を強化する。QRコードやスマートフォン(スマホ)を利用したモバイ...

凸版印刷、日本初の指紋認証対応クレジットカード JCBが実証実験を開始 – 財経新聞凸版印刷、日本初の指紋認証対応クレジットカード JCBが実証実験を開始 – 財経新聞

財経新聞凸版印刷、日本初の指紋認証対応クレジットカード JCBが実証実験を開始財経新聞凸版印刷は18日、仏IDEMIAが開発したクレジットカード本体に搭載された指紋認証機能により決済時にPINコードの入力が不要となるICカード「F-CODE(エフコード)」の日本国内での製造・...

過去の記事