最終更新時刻:2017年6月27日(火) 11時05分

クレジットカード & 電子マネー NEWSからのお知らせ

BASEの決済ID「PAY ID」が個人間決済と店舗対面QR支払いに対応したアプリ公開、30万店舗・20万ID以上が利用対象に – THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (登録) (ブログ)

BASEの決済ID「PAY ID」が個人間決済と店舗対面QR支払いに対応したアプリ公開、30万店舗・20万ID以上が利用対象に – THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (登録) (ブログ)


THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (登録) (ブログ)

BASEの決済ID「PAY ID」が個人間決済と店舗対面QR支払いに対応したアプリ公開、30万店舗・20万ID以上が利用対象に
THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (登録) (ブログ)
使えるクレジットカードブランドはVISA、MasterCardのみ。 なお、個人間、対面共にPAY IDでは全ての取引を同社でチェックし、違法取引ユーザーを発見した場合はアカウント停止、支払い者への返金をするとしている。 本件についてはわりかんアプリpaymoがQRコード決済に ...
対面決済と個人間決済が可能な支払いアプリ「PAY ID」を提供(BASE)ペイメントナビ(payment navi)

all 5 news articles »

関連記事

人気ロックバンド SPYAIRとコラボレーションした「SPYAIR VISAカード」が誕生 – エキサイトニュース人気ロックバンド SPYAIRとコラボレーションした「SPYAIR VISAカード」が誕生 – エキサイトニュース

ポイ探ニュース人気ロックバンド SPYAIRとコラボレーションした「SPYAIR VISAカード」が誕生エキサイトニュース今回発行する「SPYAIR VISAカード」は、カードフェイスにメンバーの撮り下ろし写真を採用したほか、入会特典としてオリジナルのクリアファイルや、カードのご利...

イギリス政府、クレジットカード払い時の店舗による手数料徴収を禁止へ – Business Newslineイギリス政府、クレジットカード払い時の店舗による手数料徴収を禁止へ – Business Newsline

イギリス政府、クレジットカード払い時の店舗による手数料徴収を禁止へBusiness Newslineイギリス政府は19日、サーチャージ(Surcharge)と呼ばれているクレジットカード払い時に手数料を徴収する制度を来年1月から禁止することを発表した。 欧米では、消費者がクレジット...

EC/通販事業者が今知らなければならない|クレジットカードに対するセキュリティ対策 – ECのミカタEC/通販事業者が今知らなければならない|クレジットカードに対するセキュリティ対策 – ECのミカタ

EC/通販事業者が今知らなければならない|クレジットカードに対するセキュリティ対策ECのミカタここでいう「まもるべき情報」とは、具体的には国際ブランドのペイメントカード情報になります。国際ブランドとは、American Express、Discover、JCB、MasterCard、VISAなどの...

ベリトランスとハンズラボ、東急ハンズにクレジットカード情報の非保持化とICカードに対応したPOSシステムを提供開始 – CNET Japanベリトランスとハンズラボ、東急ハンズにクレジットカード情報の非保持化とICカードに対応したPOSシステムを提供開始 – CNET Japan

ベリトランスとハンズラボ、東急ハンズにクレジットカード情報の非保持化とICカードに対応したPOSシステムを提供開始CNET Japan店舗またはPOSシステムを利用する加盟店(対面加盟店)は、2020年3月末までに、クレジットカード情報の漏えい対策として、外付けのカード決済端...

シーンで選ぶクレジットカード活用術 – マイナビニュースシーンで選ぶクレジットカード活用術 – マイナビニュース

シーンで選ぶクレジットカード活用術マイナビニュース現在、申し込み可能な「横浜バンクカード」は全5種類あり、「横浜バンクカード VISA」と「横浜バンクカード マスター」、Suica機能付きの「横浜バンクカード Suica」は年会費無料。「横浜バンクカードゴールド」と「横...

クレジットカードおすすめの1枚

過去の記事